スポンサーリンク

競馬新聞の選び方【連載 こちらWIN5データ室 第11回】

競馬予想をするときの必需品に「競馬新聞」があります。

たくさんある競馬新聞のなかからどれを選べばよいのか、解説します。

競馬新聞はどれも同じじゃない

普通の新聞でも、同じ政治や経済の内容を扱っているのに論調がそれぞれで異なっていることがあります。

競馬新聞も同じで、同じレースなのにまったく競馬予想が異なっていることがあります。

本命の印が付いている馬が競馬新聞によって違うことがあります。

「どの競馬新聞を見ても同じ」というわけでないことをまず知っておいてください。

本命サイドの競馬新聞、穴予想の競馬新聞がある

競馬新聞には個性があります。

ひとつに紙面の構成があります。縦書き、横書き、文字の大きさやカラーの使い方、独自のデータや指数など、各社が工夫を凝らして固定ファンがつく要素の一つになっています。

 

そして、競馬予想の個性です。

競馬予想の本がたくさんあるように、予想印を付ける人ごとに競馬予想の考え方や手法が異なります。

競馬新聞の本紙予想も、的中本数なのか、回収率なのか、高配当的中のインパクトなのか、競馬新聞ごとに目指しているところが違います。

その結果、的中本数の多さを目指す競馬新聞は本命サイドの競馬予想に、高配当的中のインパクトが売りの競馬新聞は穴予想になっています。

単勝人気と大きく乖離しない競馬新聞を選ぶ

「WIN5予想」は単勝人気を用いています。

ということは、WIN5予想に使う競馬新聞は、単勝人気順と予想印が大きく違わない競馬新聞が良いということです。

毎回、毎回、予想印と単勝人気が大きく異なる新聞では使いにくいということです。

実際の単勝オッズを使わず、予想印で人気順を算出する場合、本命予想の競馬新聞を使ってください。

 

さらに言うと、実際の単勝人気と予想印の変動収束の点から、毎回、同じ競馬新聞を用いたほうがよいです。

毎回同じ競馬新聞を使うことで単勝オッズを用いた場合と同様の効果を得られます。

 

販売している店舗が少ないマイナーな競馬新聞や、置いてある部数が少ない競馬新聞も安定して入手できないのでおすすめ出来ません。

 

「こちらWIN5データ室」の基礎編が本になりました
タイトルとURLをコピーしました